90-speak

人は話し方が9割 / どんな言葉を使っているかで人間性がわかる

人は見た目が 9割、なんて本も昔はベストセラーになりましたが、話し方においても、人の印象というものは左右されます。
人を批判しているような人とか、嫌味を含んでいるような人とか、マウントを取ってくるような人とか。
そんな人たちと一緒にいたいと思うでしょうか?
ぼくならお断りです。
がしかし、自分も気づけば人から拒否されるような話し方をしていないか、考える必要があります。

話し方の前にまず、聞き方、があります。
話すことと同じように、聞き方も大事な要素です。
話すのが苦手な人は、相手に話をさせ、相手に気持ちよく話させる。
これだけでも、人に与える印象は抜群によくなります。
人は自分の話を聞いてくれる人は、話すのがうまい、と感じるようなのです。
相手の話す比率が高くても、話がうまいと感じる。
不思議ですが、話上手は聞き上手と言われるように、話させるのがうまい、という特徴があるようです。
話を引き出せるのがうまい人は、とにかく相手のいうことを否定しないで聞いてあげること。
「いやそれはちょっと…」「それは違うでしょ」なんていちいち話を折られたら、誰だって話す気がなくなりますし、もうこの人には話しかけないようにしよう、と思われます。
その考え方は難ありかもしれない、と感じても、ひとまず最後まで聞いてあげる。
いいたいことが言えたなら、人は満足し、反対意見も冷静に聞く準備もできる。
「あなたはそう思うのか」ぐらいの距離感がちょうどいいと思います。

否定しないように努めつつ、興味があるような合いの手を入れることも、相手をノリに乗らせる一手。
感嘆符を入れながら「へー!」「ほー!」「すごいですね!」みたいな合いの手でも、相手は気持ちよく話してしまうそう。
実際自分がされたら気分がいいことは、あながちハズレではないのでしょう。

その人の話し方、雰囲気、聞き方、言葉の選び方、態度で、話しやすいか話しかけづらいか、わかってしまいます。
この本では、話していて気持ちのいい人と付き合うことも大事だ、といわれています。
あえて気持ちが悪くなったり、嫌な気分になったりするような相手と、無理に話す必要はありません。
人間選びも生きていく上では欠かせないことです。
自分も周りも気持ちのいい環境で固めてく。

話し方、聞き方に人間性は垣間見れます。
自分の感情、相手の感情を大切にできる人、扱える人こそが、人のあるべき姿だと思うのです。

その他の記事