1917

1917 / 戦争の緊張感が骨身に沁みる

銃マニアとか、歴史が好きだとか、バトロワ系のゲームが好きだとか、BATTLEFIELDや Call of Dutyが好きという人は、戦争映画も好きそう、という偏見を持っていますが、どうでしょうか。
ぼくは好きでもなければ嫌いでもない、あれば観る、という感じです。
戦争映画って人が簡単に死んだりとかしますが、それに慣れてしまっているし、人の犠牲の上に勝利がある、みたいな感じがある。
でも、ふと冷静になってみたときに、それって大したことだよなって思います。
語彙力がないので表現が難しいんですが、人が死ぬ状況って異常だよねって、当たり前のことを考えるときがある。

さて、この『1917』もその戦争映画なんですが、ドンパチやって派手さのある戦争映画とは違います。
むしろリアルさにこだわって作られた映画です。
この映画、冒頭からずーーーーっとカット無しで終わりまで進むんです。
一度もカットを挟まずに長回しで進んでいく。
どうやって撮影したのかその裏側を知りたくなるほど。
この長回しのおかげで、映画への没入感が深まります。
この映画はある 2人の兵卒の 1日を追体験していくような感じで、また長回しの効果により、自分も兵士についていくような感じを味わうことができる。
兵士の緊張感、息遣い、緊迫感など、気づけば息していることも忘れているような感覚に陥りました。
2人の兵卒はイギリス人で、対峙するのはドイツ軍。
ドイツ軍が戦略的撤退をしたこと、追い打ちをかければ罠が待っていることを知った上層部は、2人に前線の大佐に進行を中止する手紙を届ける大役を任せる。
伝令兵となった 2人は、翌朝の明朝までに届けなければならないため、すぐさま出立。
ドイツ軍が撤退しているとはいえ、どこまでが本当かわからないため、緊張した面持ちで前進していく。
ドイツの残存兵に襲われ、仲間の一人が致命傷を負って最後を見届けたり、一人で危険地帯に入り込んで敵を制圧したり。
そんな地区で密かに赤ん坊を守りながら隠れていた生存者と出会ったり。

友を見送り一人になったことで、無事前線に着くことができるのか心寂しくなるだろう。
行き着く先でどんな危険が待っているかわからない。
自分も無事生きてたどり着くかわからない。
だけど自分には使命がある。
前線にたどり着き、1600人もの命を救わなければならない。
友の最後を伝えるため、彼の兄を探さねばならない。
その使命を果たすために、兵士は勇気を奮い起こし歩を進める。
兵士といえども一人の人間だ。
誰しも故郷で待っている人がいる。
無事を願っている人がいる。会いたい人がいる。
いつも肌見放さず身につけていた写真を、任務をやりきったあとに安堵の表情で見つめる兵士のシーンで、生き残る尊さにジーンと来た。

伝令を送り届ける。
話としてはただそれだけのシンプルな映画なんだけれど、それを長回しという撮影手法でリアルさが増し、時毎に起こる出来事が緊張感を誘発し、ドラマを意義ある体験に昇華している。
特に塹壕でひしめき合う兵士たちや、前線で砲弾が飛び交う中で突撃していく兵士たちの場面は没入感を与える。
独特な撮影手法も相まって、戦争映画の中でもこの映画、かなり好きになった。

その他の記事