doctor-strange-in-the-multiverse-of-madness

ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス / 欲望に囚われたかつての仲間と対立する

待ちに待った『ドクター・ストレンジ』の最新作。
前作の映画もしっかり復習して、映画館に行きました。
初日が GWの真っ只中ということもあって、劇場は満員でした。
今回は結構引きの映像が多くて、3Dを堪能できるような構成にしているのかな、と感じられました。
それにしても、やはりマーベルは面白い。
『アベンジャーズ』全然追っていないんだけど、これから徐々に観ていこうかな、なんて感じている今日この頃。

普通、人間はそれぞれの世界に同時並行で存在している。
人が見る夢は、別の世界の自分を見ているのかもしれない、ということを知ると、なんだか宇宙のロマンを感じさせる。
でもアメリカは、夢を見ることもなければ、他の世界に存在してもいなかった。
アメリカはたくさんの世界を渡って他の自分を探したが、ついに見つけることができなかった。
世界を自由に渡れる能力を持った彼女は、本当に世界に 1人だけの希少な存在なのだ。
だからこそ、その内に秘めるパワーに魅入られる者もいる。
別世界のストレンジは、強力な魔物を倒すためには、アメリカの力を吸収するしかないと考えた。
結局その別ストレンジは死んでしまったものの、どこの世界のストレンジも、自分の能力を利用しようとするに違いないと思い込み、彼の支援を受けることを拒んでいた。
ストレンジはどこの世界でも傲慢で、独善的な傾向があったらしい。
でも、今回出会ったドクター・ストレンジは、最後の最後になっても、アメリカの力を吸収することなく、彼女自身の強さを信じた。

ワンダとスレンジの間には、ただならぬ緊張関係があるようだ。
『アンベンンジャーズ』でサノスと戦ったヒーローたち。
そこでは多大な犠牲者を出したらしい。
ぼくは『アベンジャーズ』系の映画を観ていないので、そこら辺の状況は詳しくわからないものの、ワンダの夫、ヴィジョンがその戦いで殺されてしまう。
ストレンジも「アベンジャーズ」の一員として戦った。
しかしヴィジョンが殺される状況を止めることができなかった。
ワンダとしては、ストレンジが助けてくれれば、ヴィジョンが死なずに済んだかもしれない、と思っている様子。
戦いの時に起きたこの出来事によって、ワンダはストレンジのことをあまりよく思っていない様子だった。
ストレンジは夫のことを助けてくれなかったのに、「アメリカのことは助けるんだ、ふーん」みたいな感じで癪に触ったらしく、そんなに強力な力を持っているんだったら、自分の望みを叶えるために、私が力を吸収してしまおうと考える。
ワンダに協力を求めたストレンジだったけど、逆にワンダを怒らせてしまい、敵に回すことになってしまう。

それにしてワンダことスカーレット・ウィッチ。
めちゃめちゃ強すぎる。
カマー・タージにいる多くの魔術師たちを相手に一人で全滅させてしまうし、他の世界のヒーローたちを瞬殺で殺してしまうし。
マーベルファンとしては結構胸熱な展開で、ここで登場してきたか! って感じだと思うんですけど、彼らの世界では活躍していたヒーローたちも、ワンダは赤子の手を捻るように殺す。
元々のワンダの魔法の力が強すぎるのかもしれないが、彼女と対等に戦えるヒーローは果たしているのだろうか?

ワンダは夢の中で、他の世界にいる自分の夢を見ていた。
他の世界の彼女には 2人の子供たちがいて、いつも楽しく暮らしていた。
他のワンダは子供たちがいるのに、なぜ自分だけが独り身で、こんなにも辛く悲しい生活を続けていかなければならないのか、と不満を募らせていた。
そんな時、マルチバースを自由に行き来できる能力を持ったアメリカという女性のことをストレンジから聞いたワンダは、その能力を使って別の世界に行き、子供達と幸せな日々を暮らしたい、という欲望を爆発させた。
強力な魔法を操れるワンダは、アメリカから力を吸収するために、立ちはだかるストレンジやヒーローたちをなぎ倒し、ダーク・ホールドによって別の世界にいるワンダを操ってまで、どこまでも彼女を執拗に追いかけていく。

禁断の書ダーク・ホールドを使って、別の世界にいる自分の体を乗っ取る行為をドリーム・ウォークという。
しかしダーク・ホールドを使用するのには、代償が伴う。
ワンダは禁断の書を使っていたことで、呪いの力によって子供達の幻想に取り憑かれ、永遠とも思えるような虚しさと絶望に囚われていたのだろう。
また、ダーク・ホールドによってドリーム・ウォークをすることは、別の問題も発生させる。
別の世界の自分と干渉することは、本来あってはならない。
それを行なってしまえば、世界の理が崩れてしまう。
世界同士がぶつかり合うことで、どちらかの世界、またはその両方の世界が崩壊してしまうらしい。
ストレンジとワンダの戦いは、他の世界を崩壊させる危険性もはらんでいたようだ。

ワンダを止めるためにドリーム・ウォークをしたストレンジ。
乗り移ったのは死体で、もう顔なんて半分朽ち果ててるし。
とり憑いた怨霊を逆に利用して武器にするし。
まさに見た目が「マッドネス」って感じ。
あの邪悪さがいっぱいのストレンジ、好きです。
また、ダーク・ホールドで覚醒して第 3の目が増えたストレンジ。
どんな能力があるのか、続きが気になります。

その他の記事