it-chapter-two

IT THE END / 再び蘇った怪物を葬るために再集結した仲間たち

前作でペニーワイズに一撃を放ち、退治できたかに思われた。
しかしあれは一時的に退散させただけで、ペニーワイズを根本から葬り去ったわけではなかった。
「ルーザーズ」たちは、また何かあったら再び立ち上がろうと絆を深めたあの日、再会する時が決戦になるとどこかでわかっていたのだろう。
エンドクレジットで流れた『 IT chapter one』の文字。
ペニーワイズの恐怖はまだ終わっていないことを物語っていた。
そして 27年後、ペニーワイズは再び人間を狩るために姿を現した。
その怪物の動向を探っていたマイクは、今度こそあの怪物を倒すために、過去一緒に戦った同胞たちを呼び戻すことになる。

再び集結した仲間たち

マイクはずっと街に残っていて、27年の間にあの怪物がどこからやってきたのか、どうしたらやっつけることができるのか、秘密をずっと探っていた。
そして、昔戦ったことのある部族の人たちを見つけ出し、退治するための方法として、儀式を行うことを突き止めていた。
その儀式を行うには、ルーザーズたちの協力が必要で、彼らの思い出の品を捧げる必要があった。

ルーザーズのメンバーは、大人になってからそれぞれの道を進み、お互いの交流は薄れていた。
地元から遠い街に離れて住んでいた彼らは、なぜか当時の記憶が薄れていた。
儀式を完全にするには、あの日あの時何が起こったのか、どういう風に過ごしていたのか思い出す必要がある。
一致団結してペーニーワイズに立ち向かうためには、まず一人一人が精神的に強くなって、恐怖に立ち向かう強さを手に入れる必要がある。
失っている記憶を呼び戻すためにも、彼らは自分たちにゆかりのある場所を訪れることになる。

前作でも結構驚かせにくるし、ホラー要素が強かったけれど、今回はよりパワーアップしている感じだった。
それと、ペニーワイズの登場回数も前作より増えているように感じる。
しかも最後は巨大化したりと、ファンタジーの要素も強くなっている印象だった。

怪物との死闘

前作では、怪物の巣窟である廃墟の地下にある洞窟までしか進んでいなかった。
しかし、色々と文献を調べていたマイクは、最後にペニーワイズが消えたあの井戸の下に、まだ空間が広がっていることを突き止めていた。
小さな町の地下の奥深くには、広々とした空間が広がっていた。
その場所は何百年も前から存在していたようで、ペニーワイズはかなり昔から地球に存在していたことがほのめかされている。
そもそもペニーワイズは別の次元からやってきた生き物のようで、人間を殺すためにピエロの格好に化けていた。
とはいえ、対象の恐怖の象徴に自由自在に変化することができ、幻覚を見せることでどこにでも姿を表せる、神出鬼没な生き物のようだ。

マイクの儀式は中途半端なものだったため、ペニーワイズを封印するどころか逆に力を与え、巨大化させてしまい、友人の一人エディが犠牲になってしまった。
一致団結して戦おうと約束したルーザーズだが、怪物の策略にかかりまた離れ離れになってしまう。
最後の最後まで幻覚で恐怖心に飲み込もうとしてくるペニーワイズ。
しかし恐怖心に立ち向かうすべを身につけた彼らは恐怖心を克服し、怪物はちっぽけな存在で全然怖くないと主張することで、ペニーワイズの力の源を抑え込み、無力化することに成功する。
人間にとってはちっぽけな存在で、お前はただのピエロじゃないか、と罵ることで、ペニーワイズは力を失い、その心臓を断ち切ることで、今度こそ永遠に葬り去ることに成功する。
ペニーワイズは、人の恐怖が大きければ大きいほど力を増幅し、外見も大きくなる。
言うなれば、その怪物は人間の恐怖心の強さ・大きさを表していると言えるのではないかと思う。

最後に

ベバリーは心の支えとなっていた「詩」を送ってくれたのが、ずっとビルだったと思い込んでいた。
子供の時にキスを交わしてから、どこかでビルのことうぃ気にかけていた。それは詩のことも少しは関係したからかもしれない。
でも、ベバリーに詩を送ったのは、ベンだった。
彼はずっとベバリーのことを好きで片思いをしていた。でも、彼女になかなか思いを伝えられず、ビルと仲良くしているのを側で見守っていることしかできなかったという、切なくて淡い恋心だった。
でも、今回ようやく 27年経ってから本当の送り主を知ったベバリーはベンと結ばれることになった。
DVで束縛してくる悪い夫と結婚してしまっていたベバリーと、長年片思いだったベンが結ばれるという結末も、ハッピーエンドで迎えられてよかった。

その他の記事