monday-died

月曜日が、死んだ。 / 仕事の始まりを告げる、忘れることのできない必要な存在

金曜日の退社時刻が迫ると、こんなにもウキウキした気持ちになるのに、日曜日が終わろうとすると、こんなにも憂鬱な気持ちになることの不思議。
永遠に月曜日が来なければ会社に出勤せず、楽しい休日がずっと続くのに。
そんなことを考えたことは、人生に一度や二度足らず、何度も思ったことがある人は多いはずだ。
残念ながらサービス業という職業柄の人たちは、土日祝日も見境なく仕事はやってくる。
もはや曜日の感覚など、ない。
共感するところといえば、「あぁ、もう休日がこんなにも早く足早に去ってしまうのか」という思いだけだろう。

そんな世間からいわれのない恨みを買ってしまった月曜日。
もし、月曜日がなくなってしまえば、世の中はどうなるだろうか?
月曜日など存在しなかったかのように、淡々と火曜日に出勤するのだろうか?
週 6日間、となれば、週休は 2日? それとも 1日に減る?
そんな些細な疑問も立ち現れてくる。

この小説では、月曜日である日に目覚めたはずなのに、火曜日になっていた。
もしかして昨夜酒を飲みすぎて、丸一日寝てしまったのか?
これはヤバイ! と思うも、テレビでは月曜日が消えたと報道し、カレンダーには月曜日がすっぽりと抜け落ちている。
ある日突然、月曜日が消えてしまったのだ。
そうなればてんやわんやの混乱が巻き起こるに違いない。
仕事どころではない。
出社することなんて頭の先にも及ばないはず。
しかしさすがは日本人である、動転しながらもいつも通りスーツに身を包み、押し合いへし合いしながら電車に乗り込み、会社に出勤する人たちで溢れかえっている。…様子が描写される。
言葉の巧みさと面白さに面白くもあり、あながち間違っていない行動描写に、戦慄も覚える。

最初は月曜日の存在を懐かしんでいた人々も、徐々に記憶から薄れていく。
さらに事態は月曜日だけにとどまらず、火曜日にも侵食しようとしていた。
もし、曜日というものがなくなったとしたら。
その時人は、数字だけの世界でうまくやっていくのだろうか。
それとも曜日の代わりとなるものを作り出すのだろうか。
そうだとしても、やはり休日明けの日というのは、憂鬱から逃れることはできないだろう。

皮肉交じりの文体が、ニヤッと笑いを誘う。
月曜日が死んだファンタジーの世界で、その原因となった事象はもっとぶっ飛んだファンタジー。
いち会社員が幼馴染とともに問題解決に奔走し、謎の組織と対決。
それは意外にも友情と、ロマンと、覚悟を描いたヒーロー漫画のような展開にすら見える。

その他の記事