the-forest-of-wool-and-steel

羊と鋼の森 / ピアノの調律に魅入られた青年の成長物語

この小説は綺麗である。いやらしいところがほとんどない。
外村という青年の視点から書かれているが、全体的に外村の人間らしさが出ているように思う。
彼はとても純粋で、あまりにものを知らなすぎるような気がする。
ピアノとの出会いだって、ピアノは知っているけれど、ピアノの音がどんなものかも知らない。
板鳥の調律音を聞いて、あ、これがピアノの音なんだって、そこで初めて知る。
板鳥の調律音が素晴らしくて、まるで音色が美しい自然音そのまま切り取ったような音の響きに心を打たれ、僕は調律師になりたいと決める。
自分に向いてるんだろうかなんて考えずに、やりたい、ただその想いだけで専門学校に進む。
ピアノのことなんて知らないのに、いきなりその世界に飛び込む。

外村は憧れの板鳥のいる職場に就職する。
そこには数名の調律師がいて、それぞれに調律の捉え方があって、向き合い方があって、それがいいとか悪いとか判断せずに、そういうものなのかと受け入れていく。
ここが外村の凄いところだと思う。
彼にはこだわりがない。
こだわりがないからこそあるがままに受け入れられる懐の深さ。
自分は才能がないのはわかっている、だから努力や根気で人一倍頑張ろうとする。
才能がないからといって不貞腐れようともせず、言い訳にもせず、自分の弱さを受け入れて、こつこつと、前に進もうとする。
自分では気づいていないけれど、これって簡単にできることじゃない。
全てに無駄なことはないし、全ては無駄なことかもしれない。
そうやって達観している節もある。
そんな欲のあるようでないような彼の性格を表しているような文章で、どこまでも穏やかな印象を受けた。
純粋。そう、純粋すぎる。
僕よりも人生何周、何百周してるだろ外村。

調律師ってこの小説で初めてよく知ったけど、深い仕事だなって思わされた。
ピアノと演奏者の橋渡しのような存在で、演奏者がどんな音を求めているのか、その要望に応える。
鈍った音階を元に戻して欲しいのか、もっと良くして欲しいのか、軽い音がいいのか明るい音がいいのか。
演奏者にまだ力がついてないと、ピアノを絶妙にしたところでそのピアノを扱いきれない、だからもっとよくする術はあるけれどあえてしない。
調律師としてはやりがいのないパターンもあるけれど、人とピアノの数だけ状況は異なる。
どこまで活かすか、それは人次第である。
外村は故郷にあった森が世界の全てだった。
その世界は彼の心の中に巣食っており、自然の雄大さや繊細さ、美しさを感じる心の豊かな人物であった。
外村は自分の中にある世界の素晴らしい音をピアノを通して響き渡らせたかった。
ピアノを通して再現させたかった。そんな風に思う。

小説の終盤で、外村が受け持っていた顧客からキャンセルが相次いだと語られる場面がある。
そして「外村だったらもしかしたら」みたいな会話がある。
勝手な想像だけど、外村の調律の技術が向上して、自分の中にある世界の音と調和するように調律していたのではないかと思う。
もちろんお客さんの要望に応えようとしてたのだろうけど、自分でも知らず知らずにピアノの可能性を広げており、演奏者がいい音だけれども、自分には扱いきれないと何処かで思ったんじゃないか。
自分にはこのピアノの音を活かすことができない。
秋山ではないけれど、自分の中に流れる音と実際に聞こえる音の差がありすぎて、実際のピアノの音についていけなくて、ピアノから離れてしまった。
だから調律をキャンセルした。
なんだかそう思うのです。

知らず知らずのうちに高みに登ってた、いや、深い森から一筋の大きな光が照らす、ひらけた場所に出ようとしているのかもしれない。

その他の記事