the-more-of-less

より少ない生き方 / 所有物を減らせば人生の大事なことが見えてくる

一人暮らしを始めた当初は、「あまり物を増やさないようにしよう」と思っていたのに、気づいたらなんだかんだモノが増えてしまっている。
あとで捨てればいいや、と思っていた書類とか、今度片付けよう、と思っていたモノが、結局片付けることもせずに、気づいたら半年とか 1年とか数年、そのままにしている、ということはないだろうか?
あっても使わないだろうけど、いつか使うかも。
掃除するのがめんどくさくて、でも買うものは増えていって、無駄なモノが場所をとって、だんだん部屋が狭くなっていく。

物質欲が刺激される現代

人間は所有欲の塊だ。というか、物質欲の塊だ。
あれが欲しい、この最新のアイテムが欲しい、手に入れたい。
流行に敏感だし、新しいものを使っている人を見ると、自分も欲しくなる。
大量生産、大量消費社会になって、モノは世界中にあふれている。
その中には、生活していく上で絶対に必要なモノでないものの方が多い。
むしろそんなモノいらないんじゃない? というモノがほとんど。
それでも人は必要だと思って買ってしまう。
いろんなものに目移りし、ステータスのためにモノを買う。
そうやってどんどん家にモノが溜まっていく。

著者ももともとたくさんのモノが家にあふれていたらしい。
それは今となっては必要なものでもなく、使っているものでもなく、ただの無駄な「ガラクタ」と化していた。
その不要なガラクタを処分しようと掃除をし始めると、1日の半分以上を費やしてしまった。
子供にキャッチボールをしようとせがまれるも、片付けをするからという理由で、せっかくの休みなのに、子供と過ごす時間が取れなくなってしまった。
その時に著者ははたと気づいたのだ。
こんなガラクタを買い集めることと、家族と時間を過ごすこと、一体どちらの方が人生にとって大切なことなんだろうか、と。
いらないものを買ってお金を浪費することよりも、家族と一緒に楽しめることにお金を使った方が、よっぽど有意義な人生になるんじゃないかと。
片付けるために時間を消費してしまうことよりも、もっと有意義な時間の使い方をした方がいいんじゃないかと。
それから著者はもっと人生にゆとりある生活をするために、ミニマリズムの道へと入っていく。

本当に必要なものは多くない

人生にとって大事なことは、物質的な満足度ではなくて、精神的な満足度を満たすことである、と述べる。
これは最近読んだ『LESS IS MORE』にも通じるもので、生活していく上で本当に必要なものはそんなに多くない。
いま家にあるものの中で、モノの数を半分にしても、おそらく支障なく生活することができるだろう。
中には 30種類ぐらいのアイテムで生活してみた人のエピソードも登場するが、人はやろうと思えば少ない荷物の中でも生活できる。
モノを買うことにお金を使うのではなく、経験や体験することにお金を使い、自分に投資していく。
買うものを減らすことができればお金は増えるし、モノを維持していくための時間も節約することができる。

そうだ、そもそもぼく自身としては、旅をしながら生活してみたい、という夢を持っていたんだった。
旅をしながら生きるということは、定住しないということ。
それはつまり、最低限の荷物だけで、スーツケース 1つとか、バックパック 1つで生活するということ。
究極そういう生き方を目指すのであれば、本当に必要なものは限られる。
何を持って移動するか、という視点で所有物を考えれば、必要なものは数十種類で事足りてしまうだろう。
持ち家を決めなければ、部屋を飾る装飾品は必要ない。
車は走れれば十分なんだから、高級車でなくてもい。
もちろん皆がそういう価値観でいるわけではない。
でも所有物で人から認められたい、と見栄を張るぐらいなら、どこでも生きていけるようなスキルや能力を身につけたほうが、よっぽど尊敬されるかもしれない。

不要なものを処分してしまえば、本当に必要なことに時間を割くことができる。
自分の理想の生活スタイルがしたいのか思い浮かべ、それに見合ったミニマリズムを目指していく。
ミニマリズムとは、全てを手放すことではなく、一番大切なものを最優先にして手に入れることができる生き方なのだ。

その他の記事